ID:578

不正取引の被害に遭ったとき補償額が支払われなかったり、減額されたりするのはどんなケースですか?

不正取引の被害に遭いながら「故意」「重大な過失」と判断されるのは、「他人に暗証番号を知らせた」、「キャッシュカード上に暗証番号を記入していた」、「暗証番号などをお客さまの携帯電話のメモ機能に保存していた」などのケースが該当します。詳しくは、補償規約をご覧ください。

 補償規約


関連するご質問

この回答は参考になりましたか。(よりわかりやすい内容にするために、アンケートにご協力ください。)